ふわふわとふわふわを抱えて賃金を稼ぎたい

 

 

ぐわー今日は曇りだったのか。洗濯物は昨日干すべきだったな。

 

起きて朝飯(昼飯)をつくる。今日はホットドッグ。美味しかった超熟のコッペパンを同居人にまた買ってきてもらい、それにジョンソンヴィルのソーセージを挟む。ソーセージは先週の家で食べ飲み会したときの残り。レタスも挟もうと思ったが、コッペパンが小さめだったので諦めた。

ソーセージが大きいのもあるが、味も強いのでコッペパンが負けている。新しいコッペパンを焼いて、ホットドッグをおかずにコッペパンを食べた。

 

ごはんも食べたので、私は洗濯へ。同居人は掃除機へ。寒いし曇ってるしで干してると手がかじかむ。曇りのときに限って干す量も多い。干し終えたら布団にくるまって暖を取った。

 

特に用も無いし天気も良くないしあんまり外に行く元気も無かったが、連日完全引きこもると気が狂いそうになっていたので散歩しよう。同居人は引きこもりたさそうだったが知らぬ。同居人は平日昼仕事無いとき引きこもれるじゃんと思ったがコロナの影響で仕事が減っているので、言ったらいらん引き金をひくことになる。

 

とりあえず3、4駅先に向かう。都心は駅の間隔が狭いので駅前と住宅街のリズムが細かくて少しの散歩でも変化があるから助かる。地元とかだと1時間歩いても1駅分だわよ。

 

道中なんのお店だったか忘れたが、でっかいテディベアが小さいテディベアを両脇に抱えている看板熊がいて、すごいふわふわのかたまりがでんと構えていてかわいかった。あれになりたい。私もふわふわとふわふわを抱えて賃金を稼ぎたい。

 

長い商店街を歩いていると、ショーケースにアルミホイルに包まれたケーキがたくさん並べてある喫茶店があり、吸い込まれるように入店した。

アルミホイルに包まれているケーキはどうしてこう感じが良いんだろう。レトロ感?食べたベリーケーキのソースが容赦なく酸っぱくて笑った。想像を超える刺激に笑ってしまう反射って何なんだろうな。

f:id:clum17:20210308092605j:image

 

家を出る時間も遅かったので、喫茶店を出る頃には外で夕飯を食べる時間もなくなり帰路につく。帰り道で買ったケバブを食べながら歩き、それを夕飯とすることにした。

このまま老いていく

 

 

一回起きて朝ごはんを作ろうと思ったが、なんかぜーんぜん動ける気がせん。今日はいいや。二度寝

もっかい起きたら同居人が身支度しており、この時間帯のアラームかけてないのによく起きられたなと思ったら寝坊してた。

 

もう一回寝て起きてごはんを食べる。以前買っておいた冷凍弁当。ごはんとおかず何点かが入ったプレートがそのまま冷凍されているやつ。これめっちゃ便利だしもっと種類増えてほしい。内容量がおかずの種類によって違うから、解凍すると温度差が出ることがあるのが難点だが。

 

今日はもう何もしない日にしよ!洗濯物も明日にする。ベッドの上でいくらでも時間を過ごせてしまうので怖い。このまま老いていくんだろうな。

 

アマゾンプライムで観ようかなと思っていたやつを一気に見る。家で映像をじっと観るのが苦手だが、今日は映像をボーッと観続けスマホとか他のことが気にならなかった。気力がない時ほど映像観るのが向いているのか。

 

酔って帰ってきた同居人を風呂に入れ、歯磨きもさせ、これでいつ寝落ちされても大丈夫だと思っていたら、風呂入ったあと歯磨きする前に私が寝落ちていた。

治療の効果が「無」すぎた

 

 

引き続き膝が痛い。もしや低気圧?そうだったら良いな……。しかし低気圧じゃ無いにしても膝ギシギシ鳴るのは常だし、たまーに外れそうになるときもあるし今のうちに病院行っておいた方が良いのかしら。

 

昔関節炎になったときの治療の効果が「無」すぎたので整形外科とのファーストコンタクトが悪いのよね。たまたま微妙な病院に当たっちゃっただけなんだろうけど、春になったら痛くなくなったからそこから通わなくなってしまった。

晴れても痛みが引かないようであれば病院に行こう、ゆるく決意。

 

ぽつぽつ仕事をしながら、近頃知り合いなりメディアで活躍している人なり、この人が弟妹だったら楽しそうだなと感じることが多くなったなと思い返す。

一昔前は友達だったら……兄姉だったら……と夢想する事はあったが、弟妹は完全守備範囲外だった。

これが加齢か。膝以外にも感じるぞ加齢。

まあこの年になると年下もいい大人になっているというのもあるのだけれど。兄姉に囲まれた末っ子なもんで、弟妹に憧れるターンがやってきている。

 

帰る前に雨がどのくらい降っているのか確認しようと開けた窓から入ってきた外気の匂い、完全に夏の雨の匂いじゃん。夕立があがった後の匂いだ。

季節で雨の匂いが違うってなんでなの。湿度とホコリの関係性?

 

小雨で悩ましかったが、15分ほど歩いたところにある大きい書店へ向かう。仕事終わりに歩くの久しぶりかも。年越してからテレワークしてたからそりゃそうか。

大通り沿い路面店の並びを歩く。雨で路面が光っているのもあって、街が大変きらびやかだ。普段歩いて帰る方面は路面店通りで無いので、街の明るさのギャップが凄い。

 

買うもの買って電車で帰る。

最寄り駅からの帰り道、植木鉢の桜が開花しているのを見る。今年初桜。去年の初桜もここで見たなあ。もうここの桜も咲く季節ですわ。丸窓の近くに植木鉢が置かれていて、住宅街に急に現れる雅に感じ入る。

植木鉢の桜って開花早いよな。やっぱ大木のやつのほうが開花エネルギーが必要だから遅いのかしら。

 

夕飯後、なんか食べても食べても腹が満たされないな……と思っていたら、帰ってきた同居人が戴き物のタルトを持って帰ってきて諸手を挙げて喜んだ。

ここのタルトはフルーツもクリームも美味しいけど何よりタルト生地が最高に美味い。

満たされなかった腹が量的にも質的にも満たされて満足した。

膝がギシギシ言っている

 

 

スマホのメモ帳を開くと

同居人

声でかい

それだけ書かれていた。確かに同居人は声がでかいが。

昨晩同居人は友人と通話しながらゲームをしていた。私が寝る体制になっているのに隣の部屋でいつもどおりのボリュームで喋っていて、睡魔に飲まれる寸前残したメモだこれ。

単純にイヤホンしながら喋っているから自分の声のボリュームがわかっていないのだろうし、私は多少人の声がしていても眠れるので特にどうもしなかったが。ぐっすり眠れてるしね。

 

朝から右膝が痛い。昔関節炎を起こしてから痛みやすくなり、真冬などはたまに傷んだりするが、もう暖かくなってきているのに何だ?フィットボクシング?膝に手を当ててゆっくり動かすと、膝がギシギシ言っているのが手から伝わる。

 

どうにも最近ボーッとしており、今日は上司も出社しているので集中できるかと思っていたがうまくのらない。とりあえず手を動かさないと脳は集中モードにならないので一先ず頑張りんさいと己に言うが、そのとりあえずに到達するまでがなかなかどうしてうまくいかん。

仕事を見返しているとまたしょうもないケアレスミスエンドをやらかしそうになっていたことに気づき冷や汗かきながら修正する。危ない!シャッキリして!

 

帰りにドラックストアに寄り日用品を買う。ティッシュとトイレットペーパーを買ったので大荷物然となった。ティッシュとトイレットペーパーの持ちにくさと嵩張り具合はなんとかならんのかね。嵩張りはしょうがないか。

ティッシュとトイレットペーパーのコンボは持ちにくいと持ちにくいがタッグを組んでもうどうしようもない。小脇に抱えようとも思ったが自意識が買ったのでどちらも取っ手で持った。

 

夕飯に冷奴に紫蘇の実の漬物をしこたまかけたものを食べる。豆腐の豆の匂いがそこまで得意じゃないので絹ごし一択だったのだが、こないだ家に友人たちが集まったときにこの食べ方をしたら、木綿豆腐なのに豆の嫌な感じがしなくて美味しく食べられた。

もしかして豆腐に醤油をかけることで、豆腐の豆の匂いが際立つのか?大豆と大豆の相乗効果?

検証しようと思ったが、この紫蘇の実豆腐を楽しみたかったのでやめた。後日試しましょう。

 

夜帰ってくる頃には膝の痛みが落ち着いていたのでフィットボクシングをやったが、また痛くなってきた。だめじゃん。

ハッピーです!という形状をしている

 

 

昨日同居人がスーパーで買ってきてくれたドーナツをお昼ごはんに持って家を出る。スーパーの中の調理場で作ってるやつ。チョコをかけてカラースプレーもかけているやつ!

 

カラースプレーをかけているドーナツはどうしてこうもテンションあがる見た目をしているのか。全身でハッピーです!という形状をしている。ドーナツ屋のドーナツには無くて、パン屋のドーナツにはあるというちょっとしたレアリティ感も良い。

 

ミスドのチョコリングにもカラースプレーをかけたら……と思ったが、やっぱあのビジュアルはパン屋さんのドーナツこそだからドーナツ屋にあるのは少し違和感あるな。独自の文化として確立しているのかもしれない。カレーやラーメンが本場のと日本のとは違うように、パン屋のドーナツにはカラースプレーがかかっている。

 

最近リリースされたゲームアプリ「ウマ娘プリティーダービー」にハマっている。女の子が出てくるゲームは、かわいいけど女の子に対してそれ以上もそれ以下もない感情になるので今までハマれなかったのだが、アイドル育成ものだと人気度が数字で出る所がウマ娘は足の速さという視覚できる評価なのが良い。だめだったレースに何回も挑戦し、1位取れたときはグッとくるものがある。

 

実際の馬の特徴をかなり押さえているので、ウマ娘を知った後に、実際のレースの映像を見ると面白い。今までわからなかった競馬の見方もゲームを通してわかってくる。推しの産駒が大きいレースに出るようになったら競馬デビューをしてしまうかもしれない。

 

とはいえ、スキルがどうとか育成のバランスがどうとかを考えるゲームは基本的に苦手でフィーリングでやっているので、どうしても勝てないがずっと続くとゲームを諦めてしまう未来が見える。

 

帰宅し夕飯を食べていると、どこからともなく焼き芋屋の声。え?!この辺焼き芋トラックくるの??3年住んでいて初めて聞いたのだが……。外を見てみたら近くの公園を沿うようにゆっくりトラックが動いていた。

 

「石焼〜〜き芋〜〜、焼き芋〜」とお約束のフレーズを聞いていたら、「ふわふわ、カラフルな〜」と続いたので、カラフルな焼き芋?!と驚愕したのだが、どうやらわたあめも売っているらしい。

きっと竹下通りで見るような大きいわたあめが売っているんだろうな。なるほどと思いつつ、いや焼き芋トラックで綿あめも売っているのはなんだかシュール。

春の気配を返してよ

 

 

なんか……あったかい……。

毎朝布団から出たらパーカーを羽織り活動を開始するのだが、おや、なんだか平気だな?と様子を伺うようにヒートテックとTシャツでやりすごす。

薄いトレーナーに薄いブルゾンを羽織り、駅まで歩くとあったかいというか……暑い!

湿気が大変な事になっている。ヒートテック着なくても良かったかもな。

 

昼飯を買いに行く頃にはじっとりした風が吹いてきて、初夏っぽい匂いを深呼吸する。3月だし、いよいよ本腰入れて春なのかしら。令和になってから四季の気温差ははっきり残しつつ、暑さや寒さをダラダラ続けさせないような気候になっているイメージがある。過ごしやすくて助かるわ。

 

夕方に、同居人から「夕方のチャイムが今まで16時だったのが17時になった!」とLINE。こんなところにも春の気配が。3月からの切り替えなんだな。

 

会社にいる間に外は風がびゃんびゃん吹いて、雨もザッと来たりやんだりして、なんか安定してないし寄り道しようと思ってたけどまっすぐ帰るか。

ラジオで風が冷気を連れてくるから夜は冷えると言っていたので覚悟をしていたが、寒い!ヒートテック着てて良かった。

容赦無さすぎ。春の気配を返してよ。

 

夕飯は野菜炒め。こないだのピエトロのトマトソース使ったら美味しそうだなと思ったけどもやしメインの炒めにトマトはなあ……。謎の組み合わせだからと思いつつ、口がトマトソースになってしまったのでトマトソース炒めにした。本業のパスタに合える前にパンとか野菜炒めに使ってすまない。ケチってトマトケチャップも足す。

 

特定のものが食べたい気持ちになるのを、「〇〇の口になった」と言う言い回しを私は最初どこで見たんだろう。〇〇を食べたいと言うのと違って、もう本能や身体がそれを求めていて私の意思ではどうにもできないという感じがして好きな言い回しだ。

 

日曜日に余った食べかけのチーズを消費するため食後1人リッツパーティ。美味いチーズを独り占めだ。まだ切り分けて密封しているチーズは残っているが。ピエトロソースもつけて食べようと思っていたのに忘れてすべて食べ終わってしまった。

たまにはこういうのに振り回されてみるか

 

 

こないだ家の片付けをしたときに、一体どこにいったんだと思っていたセーターが見つかったのでそれを着る。友人からもらった服で、着るとチクチクするが好きな服。今シーズンも着ることができて良かった。見つけるのが遅くなってすまないね。

 

社員が揃っていないので会社の掃除をしていなかったが、さすがにホコリが出てきたので掃除機をかける。朝から自発的に動いてなんか気力が湧いてきたな。仕事やるぞー!という気分になりやっぱ朝からとりあえず動けば意欲が出てくるんだな、もうちょっと早起きしようかなと前向きな気持ちになっていたが、仕事1つ最速で終わらせた後は完全に集中力が切れた。

 

昼飯を買いにセブンイレブンに行くと、いちごサンドが陳列されていた。そういえば昨日フルーツサンドを買おうか買わまいかとなって結局買わなかったな。フルーツサンド欲が残留していたので買う。

久しぶりに食べたけどやっぱ美味い。パンと生クリームの相性って唯一だと思う。パンにも塩ってそういえば入っているんだったなあと感じるほのかすぎる塩味。コッペパンに生クリームを挟んだやつ最近見ないね。

 

ホルモンバランスの影響で異常に食欲がある。お腹が空いているわけじゃないのに、摂食中枢をピンポイントに刺激され、ただ何かを食べたいという気持ちが湧いてくる感じ。たまにはこういうのに振り回されてみるか。夕方におやつを買いに行く。

 

終業後スーパーからの帰り道、向かいからすれ違った人のマフラーを見て、中学生時代の友人のことを思い出す。すれ違った人も当時の友人も、薄くてボリュームの無いマフラーをかっちりワンループで巻いていた。

彼女は頭が良くて字がきれいで、バレーボールをやっていて、そばかすがあった。短めの癖毛を2つに結き、授業のときだけシンプルなフレームの眼鏡をかけて、飾りっ気の無いところが潔くて好きだった。

誰にでも平等にクールな雰囲気がかっこよくて憧れで、笑った顔がかわいくて好きで、よく変なことをして見せていた気がする。

 

クラスが変わってからあまり交流することが無くなったんだっけ。当時携帯電話を持っていなかったから連絡先を知らないし、一回だけもらった年賀状には、彼女は名前しか書いていなかったので返事を出せなかったのを覚えている。

元気にしているのかな。Facebookで探そうにも人口が多い苗字と名前の組み合わせだから見つけられないだろうな。

 

一方的に憧れていたので、彼女のことはたまに思い出す。卒業してから会ってもいないので、思い出す顔は当然だけど15年前のまま時間が止まっている。さすがに15年も経つと、思い出す彼女は動いていなくて静画だ。